ふと顔を上げた時、向こうから白髪の猫のお爺さんがやって来るのが見えました。

「あっ。」私はそれを見て思わず立ち上がり、頭を下げました。

「駅では、ありがとうございました。」

 そのお爺さんは、駅で私が猫の行方を尋ねた人でした。ただ、駅で会った時は確かに人間に見えたのに、今は頭の上に白髪と同じ色の耳が生えています。


そのお爺さんの後ろから、竹やぶの中で会った少年も現れました。

「さっきの…」私がそう言いかけた時、雑談をしていた皆が2人の存在に気付き、さっと立ちあがって深く頭を下げました。

「おはようございます、長老。」

 私も慌ててそれに合わせます。

「あの人はこの村の長老なんだ。その後ろの子は長老の世話役兼道案内人。耳が無いのは蛇だからだよ。」

 隣の猫が私に耳打ちをしてくれました。


 二人が席につくと、今までの和やかな雰囲気が一転して、場が引き締まりました。

「始めますか、長老。」

 犬の少女がそう言うと、長老は「うむ。」と頷きました。


何が始まるのかと思っていると、隣の猫が突然挙手をしました。

「どうぞ」と長老に言われ、猫は立ち上がりました。

「報告です。私の率いている野良猫集団の中から、三匹が人間に捕まりました。縄張りにしていた所には『こんびに』が出来るそうです。人間の話によると、邪魔になる猫は『処分』するそうです。今、三匹の救出方法を考えています。」

 そう言うと、猫は座りました。

長老は「うむ…」と腕を組みます。

「捕まっている場所を突き止めて助けよう。」

「それだけじゃ、また捕まるわ。そこを壊しちゃおうよ。」

 みんなが様々な意見を出し始めました。


すると、犬が強い口調で言いました。

「みんな、甘いわ!」

 全員の視線が犬の少女に集中します。

「人間に復讐すべきよ。『処分』って、殺されちゃうんでしょ?人間は、私達の命なんてどうなってもいいんだわ。」

 怒ったように言うと、犬は私に「梢ちゃんも、何か言いなさいよ。」と言いました。

「私、私は…」

 私は言葉に詰まりました。

確かに酷い話です。でも私もその酷い人間の一人なのだと思うと、何も言えませんでした。


「あなたも人間に恨みがあるんでしょう?だからここに来たんでしょ?」

 そう言われ、私は驚いて顔を上げました。

「…恨み?」

「そうよ。ここにいるのは、みんな人間に酷いことされた子達なんだから。」

 その言葉にみんなが頷きます。

「言っちゃいなよ。どんな復讐がしたい?」

 優しく言われ、私は泣きそうになってしまいました。

ぐっと下唇を噛みしめ、それから声を絞り出しました。

「ごめんなさい…でも、人間も酷い人ばかりじゃないの。分かって…」

 下を向いていても、みんなの視線を感じます。


「私も、昔飼っていた猫を手放したことがあるの。でもそれは、いらなくなったとかじゃなくて。本当は一緒にいたくて…でも引越し先では飼うことが出来なかったし、元々その子は拾った猫だったから、両親も自然に生活させた方がいいだろう、って…」

 私は、離れたくなかったのに離れてしまった猫のことを思い出し、涙が溢れてきました。

「まだ…あんなに小さかったのに…」

 そう言って涙を腕で拭い、顔を上げてぎょっとしました。

 犬が恐ろしい形相で私を睨んでいたのです。

「人間だったのね…」


 私が思わず目を逸らして「ごめんなさい…」と言った時、突然隣の猫が私の手を取ったかと思うと走り出しました。

「何…?」

「逃げるんだ。聞いただろ?みんな人間を恨んでいる。人間だってばれた以上、あそこにいたら無事には帰れない。」

 そう言いながら猫はスピードを上げて行きます。

 さっきの場所から「追え!」という声が聞こえました。


風が涙の跡を乾かしていきます。

「どうして、私を逃がそうとしてくれるの?」

 走りながらそう聞くと、猫は振り返って一瞬だけ、哀しげに微笑みました。

「気付いてないのか…やっぱり。」

「えっ…?」


 相当のスピードで走っていたらしく、いつの間にか駅まで戻って来ていました。

看板には『動物駅』と書かれてしました。

「さぁ、短い時間だったが、いいかね?」

 後ろから声が聞こえ振り返ると、まるでずっと待っていたかのように長老が立っていました。

「長老…?さっきまで一緒にいたのに…」

 私が驚きの声を上げると、長老は優しく微笑み、私の頭から兎耳を外しました。

「もういいのかね?矢吉。」

「はい」と猫が頷きました。


私はそれを聞いて、心臓が飛び上がるのを感じました。

「矢吉…?矢吉って…」

 それは、紛れもなく私が七年前に飼っていた猫につけた名前でした。


メモ: * は入力必須項目です