田舎村動物駅(いなかむらどうぶつえき)

 

空は高く、青く、ところどころに雲が盛んに形を変えながら流れて行きます。

風が吹くと川べりの草達が囁き合います。

そんな田舎の風景をぼんやりと眺めながら「七年ぶりかぁ…」と呟いてみました。

 

七年前、私はお父さんの仕事の関係で突然都会へと引っ越すことになり、そこで七年間を過ごしました。

七年もすれば、それなりに都会での生活も身に着くものの、今、こうして故郷の田舎に戻ってみると、やっぱりここが一番だと全身で感じます。

 私は、もう一度ここで暮らすために、都会の高校ではなく、わざわざ小さな田舎の高校に進学する事を決心しました。

 そして今日からは、この長閑な故郷で、おばあちゃんと暮らすことになったのです。

 

荷物の片づけを終えて縁側でぼーっとしていると畑仕事の格好をしたおばあちゃんが顔を出しました。

「梢(こずえ)ちゃん、畑まで行ってくるからね。梢ちゃんも久しぶりにこの辺の散歩でもしてきたらどうだい。」

 私は「そうする!」と言って勢いよく立ちあがり「いってらっしゃい、おばあちゃん。私も行ってきます!」と元気に叫んで走り出しました。

 

 懐かしい景色が目の中に飛び込んできます。

古いかやぶき屋根の隣に新しい家が建っていたりして多少昔と変わった所はあるものの、田舎は大方七年前のままで、私の心の奥をじんとさせました。

 私は目的もなく走り続けます。走っていると懐かしい空気が全身に巡るような気がしたのです。

 ふと足元を見ると、一匹の猫が私と競い合うように走っているのに気がつきました。

トラ模様をしたなかなか立派な猫です。

 私は走る速度を落としてみました。するとその猫も速度を落として、私の少しだけ前を走ります。

今度は速度を上げてみました。するとその猫も速度を上げて、やっぱり私の少しだけ前を行くのです。

「君、野良猫?」私が猫に小さく尋ねると、猫はチラッとこっちを見たものの、何も言わずに走り続けます。

 

 そうして一緒に走っているうちに、いつしか私は必死になってその猫を追いかけていました。

 そのうち猫は田んぼの中にある小さな無人駅へ入って行ったかと思うと、丁度今着いたばかりの小さな列車に乗り込みました。私も思わずつられてそれに乗ってしまいました。

 列車はすぐに動き出しました。私が慌てて座ると、猫も私の足元に座りこみました。

 確か、この辺りに駅は一つしか無かったから、これは私が通学に使うことになる列車のはずです。

それにこの一両だけの列車は田舎町を繋ぐだけのもので、行き先もだいたい知れていました。

 周りを見ても、乗客がほとんどいません。

窓の外ではガタンゴトンと景気のいい音を立てながらどこまでも続く田んぼや畑が流れて行きます。

 一つ、二つ、駅を越しても、猫は降りようとしません。気がつけば乗客は私と猫だけになっていました。

 一体どこまで行くんだろう?と不安になり始めた頃、「~駅、~駅です。」とぼやけたアナウンスが聞こえてきました。

それは、聞き覚えの無い駅名でした。

 さっきまでぬいぐるみのようにじっとしていた猫は、突然立ち上がり、さっさと列車を降りて行ってしまいました。

「あっ!ここで降りるの?」

私は慌てて追いかけようとしたものの、まだ乗車賃を払っていないことに気付いて、そこにいた車掌さんにお金を渡しました。それから猫の姿を探すと、もうどこにも見当たりません。

「すみません。」

側にいた人に声を掛けると、優しそうな白ひげのおじいさんが振り返りました。

「今、トラ模様の猫が通りませんでした?」

 おじいさんは柔らかく微笑んで頷きました。

「通ったとも。」そう言った瞬間、おじいさんの顔がさっきの猫に変化しました。

私が驚いて息を飲むと、おじいさんはその顔のまま、「あっちへ走って行ったよ」と駅の出口を指しました。

私が慌てて目を擦ると、おじいさんの顔は元に戻っていました。不思議に思いながらもおじいさんにお礼を言って、走り出しました。

 駅を出ると、さっきの猫は私を待っていたかのように後ろを気にしながらゆっくり歩いていました。

私が追いついたのに気付くと、走り出します。

私も置いて行かれないように、猫のぴったり後ろに付いて走りました。

 流れて行く景色は、いくつか駅を越えたにも関わらず、おばあちゃんの家の周りとあまり変わりがありません。

見渡す限りの田んぼや畑の広がる、のどかな所でした。

 猫は、突然方向を変えて民家の間の、人がギリギリ通れるくらいの細道へ入って行きました。

私もなんとかそれに続きます。

 細道を抜けると、ブランコと滑り台しかない小さな公園がありました。

そこを横切り、再び細道へ入ってしばらく行くと、竹やぶにさしかかりました。

竹やぶの中は草が生い茂っていて見通しが悪く、せっかくここまで来たと言うのに、私はいとも簡単に猫を見失ってしまいました。

 猫を探そうと辺りを見回すと、すぐそばに小さな男の子が立っているのに気付きました。

「何してるの?」

 私が尋ねると、その男の子は私の方をじっと見て、何も言わずに手に持っていた物を私に押しつけました。

見ると、それは兎の耳のついたカチューシャのような物でした。

 不思議に思ってその子の方を見ても、男の子はただ私を見つめています。

 私は遊んでほしいのだと思って、それを頭に付けて兎のようにぴょんと跳ねて見せました。

すると男の子はわずかに頷いて、竹やぶの奥を指差しました。

「トラ猫ならあっちに行ったよ。探しているんでしょう?」

 私は驚いて少年の指した方を見ました。

「どうしてそんなこと…」知ってるの?と続けようとして視線を戻した時には、もうそこに男の子の姿はありませんでした。

 私はわけが分からないまま、言われた方に進んで行きました。

すると、遠くに竹やぶの途切れた所があるのが見えました。

私は、そこに猫がいるような気がして、そこまで走って行きました。

 そこは広場のようになっていて、真ん中に白いテーブルがあります。

そして、そのテーブルを囲んで大勢の人がいるのです。でも、猫の姿はありません。

私は、男の子に騙されたような気がしてきました。

もう諦めて帰ろうかと思っていると、1人の女の子が私に近づいてきました。

 そして、妙なことに気付きました。

その子の頭には、さっき私が男の子にもらったのと同じような耳がついているのです。

他の人の頭にも、よく見ると様々な耳がついています。

 私は自分の頭に触れてみました。ふわふわとした兎耳の感触があります。

「新入りさんね。いらっしゃい。」

 私はわけがわからないまま、その女の子にテーブルまで連れて行かれました。

「新入りさん?」

そう言って犬の耳をつけた少女が立ちあがりました。すると奥から、

「僕が連れて来たんだ」

という声が聞こえてきました。

見ると、猫耳の少年が私を見て悪戯っぽく笑っています。

人の姿をしてはいるものの、その少年は私が追いかけていた猫にそっくりでした。

「あなた、さっきの猫さん?」

「そうさ。ようこそ、動物のお茶会へ。」

 私が呆気に取られていると、他の人達も声を揃えて「ようこそ」と言いました。

「兎さん。君の名前は?」

リス耳の少年にそう聞かれ、「梢です」と小さく答えました。

「梢さん。まぁ、座りなよ。」

席を勧められて、私は猫の隣に腰掛けました。犬耳の少女が紅茶を配ってくれています。

みんなは世間話を始めました。

その内容を聞いていると、どうやらここにいるのは、私以外みんな本物の動物のようです。

縄張り争いや、獲物の仕留め方の話が続きます。

「梢さん。あんたも何か話しなよ」

「えっ…」

そんなこと言われても、私は人間です。縄張り争いなんてしたこともなければ、狩りの仕方も知りません。

 私が困って俯いていると、「その子は恥ずかしがり屋なんだ。もうすばらくすれば話すさ」と言って、猫が目配せをしました。そして、私を庇うように自分の自慢話を始めます。

私はその話を聞きながら、出された紅茶をゆっくり飲みました。


メモ: * は入力必須項目です